単身引越しの極意 お得に単身引越し

HOME >> 引越しIQテスト

引越しIQテスト

分かっているようで、分かっていない、引越し。
ここらで、引越しIQを確かめてみませんか?

引越しIQテスト、あなたは何問とけるかな?(イエス/ノーの二択)

Q1:
引越しは季節、曜日によって引越し料金が変わることがある

Q2:
新居の住所がわからないと見積もりをしてもらえない

Q3:
引越し当日台風が直撃。もし、当日延期を申し出たらキャンセル料金を支払わなくてはいけない?

Q4:
エアコンの取り外し、取り付けでは、取り外しの方が料金が安い

Q5:
引越し業者のダンボール無料サービス。もし、このサービスを断ったら引越し料金を値引いてもらえる

Q6:
引越し業者は客から依頼された荷物は全部引き受けなければならない

Q7:
郵便局が行なっている郵便転送サービスは6ヶ月間有効

Q8:
食器などの割れ物は割れないよう布団袋などに入れると安全

Q9:
引越しトラックのナンバーの色。緑、黒、白、黄色。引越しに絶対使用できないナンバーの色はどれ?

Q10:
「うちは見積り無料です」と言われたけど、これって当たり前?


お疲れ様でした。
どれくらいできたでしょうか?

引越しIQテストの記事へ ページトップへ

引越しIQテストの答え

さて、何問とけたかな?解答はこちら

A1:
イエス。正確には基本料金がかわるわけではありませんが、曜日により割引率が変わる場合があります。

A2:
ノー。見積りは行なってもらえます。ただし新居がわからなければ、正しい料金の算出は難しいでしょう。

A3:
ノー。台風などの不可抗力によって利用者がキャンセルをする場合は、当日でもキャンセル料は発生しないのが普通です。
念のため台風シーズンに引越しを計画する場合は、見積り時にきちんと確かめましょう。

A4:
イエス。取り外しの料金が安いのが一般的です。

A5:
イエス。ダンボールをサービスといってもダンボールがただのはずはありません。もしダンボールを自分で用意できるなら、見積りの際に担当者に申し出ましょう。きっと値引きをしてくれるはずです。

A6:
ノー。下にあげるものについては引越し業者は荷物の引受けを拒絶することができます。 
・現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャシュカード、印鑑等荷送人において携帯することのできる貴重品
・火薬類その他の危険品、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるもの
・動植物、ピアノ、美術品、骨董品等運送に当たって特殊な管理を要するため、他の荷物と同時に運送することに適さないもの
・高価なもの特別な扱いを要するものは自分で運搬しましょう。

A7:
ノー。1年間有効です。転居が新年に近い場合、年賀状に新住所を書き添えると手間が減りますね。

A8:
ノー。布団袋では布団としての扱いを受け、中の食器が割れてしまいます。食器などの梱包はそれ専用の箱をつくり、
下に新聞紙等をしき、一枚一枚新聞でくるみコップ・ビンはたてて、お皿も縦に並べて梱包しましょう。
新聞紙、布などでその隙間を埋め、ダンボールにワレモノと書くことをお忘れなく!

A9:
黄色ナンバー。白ナンバーは、繁忙期に限り陸運支局の許可を得た場合のみOK!

A10:
イエス。見積りは無料です。内金、手付金も支払う必要はありません。ただし引越し下見をした際に何らかの費用が発生した場合は、
支払わなければなりません。

どうだったでしょうか?8問以上正解の方は、もういつ引越しが決まっても大丈夫ですね!!
反対に三問以下の方は、引越し時が不安です。分からないことは細かいとこまで、業者の人に確認しておきましょう。

引越しIQテストの記事へ ページトップへ

単身引越しは、安くすませよう!

  • 引越し業者全国厳選40社!最大7社からスピード見積り

  • 引越し価格ガイドは、単身引越し向けの最適なプランと
    安い価格帯から、あなたにピッタリの単身引越しプランを見積もります。

  • 引越し達人セレクトで安い引越しをしよう!

  • 単身引越しでも安心。スタッフが<安心・納得>できる引越会社さんを厳選
    <最大15社>の見積りが返ってくるので、安くて納得の業者が見つかります

    ページトップへ
    単身引越しの極意 お得に単身引越し