単身引越しの極意 お得に単身引越し

HOME >> 単身引越しとトラブル

単身引越しトラブル

単身引越しの際のトラブルは?とのアンケートに、

一位 荷物の破損、紛失

二位 作業員の態度

三位 単身引越しが時間通りに終わらなかった

という結果が出ています。

どれも、良く聞く話です。人間が運ぶわけですから、破損や、紛失は絶対無いわけではないですし、作業員も、ベテランもいれば、入ったばかりの人もいます
事前に見積もりのじてんで、紛失が起こった際の対応、どんな作業員が来るのか
どの程度の時間がかかり、時間が大幅に遅れた場合はどのような、対処をしてくれるのか、
事前に聞いておくと安心です。

単身引越しとトラブルの記事へ ページトップへ

荷物の破損

単身引越しの際に起こるトラブルに、荷物の破損があります。
単身引越し業者も、最善の配慮で作業を行っています。が、破損は起こってします場合があります。

トラブルを防ぐために、破損は、早期発見、連絡が必要になります。

まず、搬出、搬入には必ず立ち会いましょう。
搬入、搬出時に、家具などを落とされて壊されたというケースもあります。
そのとき、作業員の邪魔にならないよう気をつけましょう。


単身引越し先では、先に傷などをチェックしておくと、単身引越しの際にできた傷なのか、前からあった傷なのか、
が分かりやすいです。

ドアの、角や上の部分は、搬入時に傷がつきやすいですから、養生をしましょう。
賃貸の場合であっても、傷がついてしまえば、敷金の返金の際に、損をしてしまいます。

荷解きのときにダンボールの中身が破損している場合も、三ヶ月以内に単身引越し業者に報告しましょう。

荷物の破損は、それらが引越業者側に起因する場合には、1年以内に補償することが引越約款によって定められています。
万が一、破損、キズ等について補償や認められない場合は、
消費者生活センター http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
全日本トラック協会 http://www.jta.or.jp/

に相談してみるのも、一つの手です。


見積もり時に、破損時の、対処方法について効いておくと良いでしょう。

単身引越しとトラブルの記事へ ページトップへ

荷物の紛失

荷物の積み残しや、紛失もよくあるトラブルです。

紛失の場合は、分かった時点ですぐに単身引越し業者に連絡しましょう。
高価なものは、紛失するといけませんので、単身引越し業者では運んでくれない場合もあります。

積み残しの場合、見積もりが、メールや、電話のみだった場合、別料金での配送となる業者もあります。
積み残した場合はどうなるのか、きちんと聞いておきましょう。

また、見積もりが、訪問見積もりだった場合は、単身引越し業者の責任となりますので、
普通の業者であれば、輸送してくれます。
何もしてくれない場合、悪徳業者の場合もありますので、消費者センターや、全日本トラック協会などに相談してみましょう。


単身引越しとトラブルの記事へ ページトップへ

キャンセル

単身引越しのトラブルにキャンセルもあります。

キャンセルの場合決められた期日を過ぎるとキャンセル料が発生します。


まず、キャンセルについては、単身引越し約款により下記のように定められています。

前日のキャンセル:見積もり書に記載された運賃の10パーセント以内
当日のキャンセル:見積もり書に記載された運賃の20パーセント以内


また、業者によっては、上記以外の期日でキャンセル料の発生を定めている場合もあります。
見積もり時に、確認しておきましょう。

また、事前に、ダンボールや、テープなどを使っている場合、それの費用も、払わなければなりません。

キャンセルには解約だけでなく、延期の場合も含まれますので注意しましょう。

キャンセル、延期の場合は早めの単身引越し業者への連絡が必要です。

単身引越しとトラブルの記事へ ページトップへ

ひっこし110番

一人での単身引越し、初めての単身引越しなど、単身引越しは多少なりとも緊張するものです。

「ひっこし110番」(03-3256-8110)をご存知でしょうか?
ここは引越しに関する様々な悩みを電話でアドバイスいただける相談所です。


「ひっこし110番」はこうして設立されました
ひっこし110番は1983年引越専門協同組合(ハトのマークの引越センター)のお客様相談室としてスタートしました。
アドバイザーの丁寧な対応が評判をよび、相談件数は増加するばかり。だんだん知名度も広がっていきました。
バブル期を境に引越専門協同組合のお客様以外からの相談も数多く寄せられるようになり、
単身引越しに関するアドバイスを中立的な立場から行う相談所として、広く親しまれるようになりました。

現在は電話相談以外にもクレームの分析、ホームページを使った情報提供などの活動も積極的に行っており、
国土交通省や消費生活センター、そして全国トラックセンターと情報を共有しながら、単身引越しトラブルの減少に向けて、
さまざまな角度から貢献しています。


この道10数年のベテランアドバイザー。主婦的感覚を持ったアドバイスは利用者にとても好評。
消費者感覚を持った信頼のおけるアドバイザー
ひっこし110番のアドバイザーはご自身でも国内、海外の単身引越しをされた、引越し経験豊富な主婦の方達。
アドバイザーの消費者感覚を持ったアドバイスは信頼性が高く、単身引越し業者からの相談が寄せられることもあるほど。
またアドバイザーは常に中立的な立場を心がけているため、時には消費者側からの強引な要求を優しく諭すこともあるようです。


困ったときはこちらに相談するのもいいのではないでしょうか?

単身引越しとトラブルの記事へ ページトップへ

近所とのトラブル

単身引越しトラブルといっても、引越し業者とのトラブルだけでなく、
近隣の住民の方とのトラブルもあります。

引越し作業時の騒音などで、トラブルになる場合もあります。
今住んでいるところのご近所に事前に、挨拶をしておきましょう。

また、早朝や、深夜など、周りが寝ている時間の単身引越しも避けましょう。

単身引越しは新しい生活のスタートです。トラブルが起こらないよう、事前に防止しましょう。

単身引越しとトラブルの記事へ ページトップへ

「防犯常識チェック」の目次

防犯常識チェック [2]


単身引越しは、安くすませよう!

  • 引越し業者全国厳選40社!最大7社からスピード見積り

  • 引越し価格ガイドは、単身引越し向けの最適なプランと
    安い価格帯から、あなたにピッタリの単身引越しプランを見積もります。

  • 引越し達人セレクトで安い引越しをしよう!

  • 単身引越しでも安心。スタッフが<安心・納得>できる引越会社さんを厳選
    <最大15社>の見積りが返ってくるので、安くて納得の業者が見つかります

    ページトップへ
    単身引越しの極意 お得に単身引越し