単身引越しの極意 お得に単身引越し

HOME >> 引越し業者の上手な利用法

単身引越し業者の種類

単身引越し業者の種類

一口に引越業者と言っても、様々な種類の引越業者があります。
各引越業者によって、サービスなどがこと細かく違ったりするので、
ライフスタイル、予算などに合わせて引越業者を比較してみてはどうでしょう。

前提として、引越業務が専業である引越業者と、他の業務との兼業で引越業務を行う運送業者の二つがあります。
そして、引越業者は大きく分けて下記様に分類されます。

大手引越業者
テレビ、広告媒体などでも一般的に有名な単身引越し会社です
。単身引越しサービスの充実度、作業設備・輸送設備なども、
各お客様のニーズにあった設備対応をしています。
しかし、その分単身引越し料金も割高になる傾向があります。


単身引越し専門業者
単身引越し専門業者とは単身引越しを専門に行う運送業者のことです。
一般的に大手単身引越し会社とも遜色無く、専門業者ならではのオプションサービスなども充実しています。

一般的な運送事業者
単身引越し専門業者と違い、不慣れな作業員などが単身引越し作業を行う場合が多い為、
単身引越し専門業者と比べてサービスなどに物足りなさを感じられるかもしれません。 ですが、その分比較的料金は割安です。

中堅引越業者
中堅業者は宣伝・媒体などにはあまり費用をかけていないため、単身引越し料金も割安傾向にあります。
大手業者、専門業者と比べてサービスは少ないように思います。オプションに関しては多少割高傾向かもしれません。
一般的な単身引越しであれば十分満足できる内容です。

軽貨物業者
貨物積載量も350kgと限られているため家族での単身引越し等は難しいですが、
単身の単身引越しの場合は格安で単身引越しができます。単身引越しを専門としている業者もあり、
車両の改造などを行い、背丈の高いもの家具なども運ぶことも可能です。お住まいの階が高い場合など
、階段での階数によっては依頼主様も手伝う事などの条件もあります。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

自分に合う単身引越し業者

単身引越し業者を探すと、どこにしたらいいのだろうと思うくらい、たくさんの単身引越し業者があります。
業者によって、サービス内容が多少変りますので、自分がどのような単身引越しをしたいかを考えて、
自分に合う単身引越し業者を絞って選ぶのも良いかもしれません。

単身引越し業者を頼む必要がありますか

運ぶ荷物は決まりましたか?量はどのくらいですか

人手は足りていますか

単身引越しの準備にかける時間はありますか

荷物はどのくらい丁寧に梱包してもらいたいですか

オプショナルサービスは必要ですか(エアコンの取りはずし・
取り付け/梱包サービス/お掃除など)

立ち寄り場所(運搬中に立ち寄る場所)はありませんか

単身引越しで特に重要と考えるのは何ですか?サービスの質?それとも料金?


自分に合う単身引越し業者を見つけることで、少し業者が絞られたのではないでしょうか?


引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント サービス内容

サービス内容を明確にしておきましょう

自分のすべき梱包はきちんと、前日までにやり終えておきましょう。
午後からの単身引越しで、午前中に梱包すれば間に合うだろうと思っていても、
結構間に合わないものです。

当日どんなサービスが受けられるのか確認しましょう。

トラックの大きさ、作業員の数などは重要です。
また、梱包の範囲も聞いておいた方がいいでしょう。
自分で梱包するプランであっても、冷蔵庫、家具などの大型のものは業者がやってくれるはずです。

では、コンピューター、電子レンジ、ベッドはどうでしょう?
事前に打ち合わせておく必要がありそうですね。

梱包の仕方がわからなければこの機会に聞いておきましょう。

養生はきちんと、どの程度行ってくれるのか聞いておくのも大切です。今まで住んでいたところも、
新居も、傷をつけられては後味の悪いものです。

当日の作業員が忘れないよう契約書にその旨を記してもらいましょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント トラックのナンバー

単身引越し業者のトラックのナンバーは何色ですか?

トラックのナンバーの色も色々あります。緑色のナンバーなら国土交通省からトラック運送事業者として許可されているトラックです。
安心して下さい。
ただし、白ナンバーについては、繁忙期に限り陸運支局の許可を得ていれば使用可能です。不安な場合は業者に聞いてみるのも良いでしょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント トラック協会

都道府県のトラック協会に加盟していますか?

トラック協会とはトラック運送事業の適正な運営、健全な発展の促進などを目的として組織されている団体です。
その中にある単身引越し部会では、積極的に単身引越しに関する勉強会、意見・情報交換が行われています。

各都道府県のトラック協会の加盟業者、さらに単身引越し部会のメンバーであればなお安心と言えるでしょう。
何らかのトラブルが発生して業者との話し合いで解決できない時は、トラック協会に直接相談することもできます。

ただし 軽貨物運送業者はその事業規模からこの協会には加入できませんので、独自の組合が組織されています。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント 対応

たくさん、単身引越し業者がありますが、
きちんと対応してくれる業者を選びたいものです。

単身引越し業者選びの基本として、業者名、住所、電話番号が明らかにされているか、
あまり、なじみの無い単身引越し業者なら、事業内容、規模なども確かめておくのが良いでしょう。


またこちらが希望する日にち、時間、サービスを必ず守ってもらえますか?午後からと言って夜遅くに現れた、では近所迷惑になりかねません。
見積もり時に、きちんと作業開始の時間まで見積書に書いてもらうなど、書面にしてもらいましょう。(見積もりにきた営業さんの話が、作業スタッフにまで伝わっていない場合があります。
疑問が出たら、すぐ電話で確認して、きちんと対応してくれるところにしましょう。)

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント 追加料金

追加料金発生について

当日急に追加料金が発生して用意していた単身引越し料金で足らなかった、
ではとても後味の悪いものです

追加料金の発生する場合として、荷物が、増えて、トラックに乗り切らなかった。
不用品を追加で処分をおねがいした。
エアコンなどの取り付け工事をおねがいした場合、ホースの延長など、部品がかかった場合。

などといった場合があります。

事前にきちんと追加料金の発生を確認しましょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント 保険

どんな保険に入っていますか?

荷物が破損・紛失した場合、補償をしていただかなくてはなりません。
そこで必要になるのが保険。どのような保険に加入しているのか尋ねてみましょう
その際、加入している保険の補償範囲、対象となる物、限度額および免責事項なども合わせて伺ってみましょう
保険で担保されない高価な荷物に関しては、万が一を考えて自分で加入する必要があるかもしれません。

保険に加入していない場合、破損、紛失があった場合、トラブルの原因になります。その場合はその業者は辞めておいたほうが良いでしょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者選びのポイント 約款

約款(やっかん)は何を使用していますか?

安いからといって、契約内容がひどければ、良い単身引越しはできません。
見積書や、契約書の裏に必ず約款が書かれているはずです。契約の内容もきちんと確認しましょう。

約款とは、事業所と利用者の間の約束事です。基本ルールとして、たいていの単身引越し業者は、国土交通省が制定した、「標準引越運送約款」を使用しています。
国土交通省の許可があれば独自の約款を使用することも可能です。
独自のものを使用している場合基本のものと比較して、どこが違うのか確認しておいた方が良いでしょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

支払方法

支払い方法

支払いは前日までに用意しておきましょう

単身引越しの料金はいつ支払いをすればいいのでしょう?
それは見積り書に明記されている通りとなっていますが、当日の後払いが多いようです。

見積もり時に、きちんと確認しておきましょう。
当日になって、カード払いができないとあわてて金融機関に駆け込むのではとても大変です!!

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者で安く引っ越す

単身引越し業者に頼む場合、極力安く引っ越すポイントがあります。

フリー便、午後便を利用する。
・午前便より、料金が低めに設定されていたり、大幅に値引きしてくれるケースがあります。)
・ただし、時間が確実に読めないということがあります。

平日に引っ越す
・月曜から木曜が週末に比べて料金が低めに設定されているようです。
一月などの単身引越しが比較的少ない時期は週末も平日も料金が変らない業者もあるようなので、聞いてみましょう。

早めの予約
・一ヶ月くらい前に予約をすることで、割引率が高くなる業者もあります。

チャーター便を頼む
・トラックと、ドライバーのみ手配できる単身引越しもあります。

見積もりを数社から取る
・見積もりを数社から取り安く対応の良いところにしましょう。
・一般的にスーパー大手と呼ばれる、アートさんや、アリさん、などは料金が高いという噂を聞きますが、
 時期によっては、中小の単身引越し業者より、安く引っ越すことができる場合があります。大手が気になったら見積もりだけならただです。

資材を自分で集めよう。

荷造り荷解きは自分でやろう

不用品は早めに自分で処分しとこう。


一円でも安くと行きたいところですが、電話、見積もり時の対応も考えて、単身引越し業者を決めましょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身パック

各単身引越し業者から、ダンボールや、ガムテープをサービスにつけた、単身パックが
出ています。
これらのパックを上手に使い、安い単身引越しを目指しましょう。

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

単身引越し業者

日通
http://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/nks350.html
Sサイズ17850円〜となっており、
インターネット割引などもあります。


クロネコヤマト
http://www.008008.jp/main/index.html
専用ボックスに家財をつめるので、手間のかかる梱包をする必要がありません。
また、ダンボールだけの場合、布団とダンボールだけの場合、など、色々な種類のパック
があります。


赤帽車
http://www.akabou.jp/person/move.html
走行距離が、30キロ以内であれば、8400円で、積み込み、積み下ろしまでしてくれます。


アートの学割パック
http://www.the0123.com/kokunai/gakuwari/home.html
学割パックで単身引越しをすると全員に、カーテン1セットをプレゼントしてくれます。
大手なので、他に比べて少し高めですが、単身引越したあとに家財の移動に来てくれたり、(一回)
家電も特別料金で扱っています。


ワンルーム引越しセンター
http://www.6621.jp/
出発地、到着地とも東京、横浜、川崎の単身引越し専門です。
平日であればダンボール10枚サービスで、20000円から行っています


単身の引越し
http://www.2010mammy.co.jp/service2.html
マミー引越センターのサイトです。自分の見たいサービスにカーソルを合わせると、トラックがでてきてサービス内容をおしえてくれます。
荷物の量にあわせていろいろなサービスが提供されています。

小さな引越し
http://www.plaza.senko.co.jp/family/small_moving.htm ...
センコー引越プラザのサイトです。小さな単身引越しにも対応してくれます。

ミニミニ引越パック
http://www.0810expert.com/form/form_t.html
お引越のエキスパートのサイトです。作業人数、サービスによって3つのミニミニ単身引越しパックが選べます。

ミニ引越サービスセンター
http://www.minihikkoshi.com/contents/service.html
単身者や小家族に最適の引越業者で、関西を中心に活動しています。引越後のお掃除サービスやセキュリティーチェックなども無料で行なってくれます。



引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

標準引越運送約款

標準引越運送約款
(平成13年6月11日から適用


目次
第1章 総則(第1条ー第2条)
第2章 見積り(第3条)
第3章 運送の引受け(第4条ー第5条)
第4章 荷物の受取(第6条ー第8条)
第5章 荷物の引渡し(第9条ー第12条)
第6章 指図(第13条ー第14条)
第7章 事故(第15条ー第17条)
第8章 運賃等(第18条ー第21条)
第9章 責任(第22条ー第29条)


第1章 総 則
(適用範囲)
第一条
1 この約款は、一般貨物自動車運送事業により行う運送のうち車両を貸し切ってする引 越運送及びこれに附帯する荷造り
不用品の処理等のサービスに適用されます。ただし、事業所等の移転であって、この約款によらない旨をあらかじめ告知した場合には、
適用されません。

2 この約款に定めのない事項については、法令又は一般の慣習によります。

3 当店は、前二項の規定にかかわらず、法令に反しない範囲で、特約の申込みに応じること があります。

(受付日時)
第二条
1 当店は、受付日時を定め、店頭に掲示します。

2 前項の受付日時を変更する場合は、あらかじめ営業所その他の事業所の店頭に掲示します。


第2章 見積り
(見積り)
第三条
1 当店は、引越運送及びこれに附帯するサービスに要する運賃及び料金(以下「運賃等」 という。)
について、試算(以下「見積り」という。)を行います。

2 見積りを行ったときは、次の事項を記載した見積書を申込者に発行します。
一 申込者の氏名又は名称、住所及び電話番号
二 荷受人の氏名又は名称、住所及び電話番号
三 荷物の受取日時及び引渡日
四 発送地及び到達地の地名、地番及び連絡先電話番号
五 運賃等の合計額、内訳及び支払方法
六 解約手数料の額
七 当店の名称、事業許可番号、住所、電話番号、見積り担当者の氏名及び問い合わせ窓口電話番号
八 荷送人及び荷受人並びに当店が行う作業内容
九 その他見積りに関し必要な事項

3 前項第五号の記載については、第三号及び第四号の事項並びに積込み又は取卸し作業等に応じて運賃等の内容ごとに
区分してわかりやすく記載します。

4 見積料は請求しません。ただし、発送地又は到達地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。
この場合には、見積りを行う前にその金額を  申込者に通知し、了解を得ることとします。 

5 当店は、見積りの際に内金、手付金等(前項ただし書の規定による下見に要した費用を除く。)を請求しません。

6 当店は、見積り時に申込者に対して、この約款を提示します。

7 当店は、見積書に記載した荷物の受取日の二日前までに、申込者に対して、
見積書の記載内容の変更の有無等について確認を行います。

第三章 運送の引受け
(引受拒絶)
第四条
1 当店は、次の各号の一に該当する場合には、引越運送の引受けを拒絶することがあります。
一 運送の申込みがこの約款によらないものであるとき。
二 運送に適する設備がないとき。
三 運送に関し申込者から特別の負担を求められたとき。
四 運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
五 天災その他やむを得ない事由があるとき。

2 荷物が次に掲げるものであるときは、当該荷物に限り引越運送の引受けを拒絶することがあります。
一 現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャシュカード、印鑑等荷送人において携帯することのできる貴重品
二 火薬類その他の危険品、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるもの
三 動植物、ピアノ、美術品、骨董品等運送に当たって特殊な管理を要するため、他の荷物と同時に運送することに適さないもの
四 申込者が第八条第一項の規定によるその種類及び性質の申告をせず、又は同条第二項の規定による点検の同意を与えないもの

(連絡運輸又は利用運送)
第五条
当店は、荷送人の利益を害しない限り、引き受けた荷物の運送を他の運送機関と連絡して、
又は他の貨物自動車運送事業者の行う運送若しくは他の運送機関を利用して運送することがあります。


第四章 荷物の受取
(荷物の受取を行う日時)
第六条
1 当店は、見積書に記載した受取日時に荷物を受け取ります。

(荷造り)
第七条
1 荷送人は、荷物の性質、重量、容積、運送距離等に応じて、運送に適するように荷造りをしなければなりません。
2 当店は、荷物の荷造りが運送に適さないときは、荷送人に対し必要な荷造りを要求し、
又は荷送人の負担により必要な荷造りを行います。
3 前二項の規定にかかわらず、当店は荷送人からの申込みに応じて、荷送人の負担により必要な荷造りを行います。

(荷物の種類及び性質の確認)
第八条
1 当店は、荷物を受け取る時に、第四条第二項各号に掲げる荷物、貴重品(第四条第二 項第一号及び第三号に掲げるものを除く。)、壊れやすいもの(パソコン等の電子機器を含む。 第二十四条第二項において同じ。)、変質若しくは腐敗しやすいもの等運送上特段の注意を要するものの有無並びにその種類及び性質を申告することを荷送人に求めます。
2 当店は、前項の場合において、その種類及び性質につき荷送人が告げたことに疑いがあるときは、荷送人の同意を得て、その立会いの上で、これを点検することができます。
3 当店は、前項の規定により点検した場合において、荷物の種類及び性質が荷送人の申告したところと異ならないときは、このために生じた損害を賠償します。 
4 第二項の規定により点検した場合において、荷物の種類及び性質が荷送人の申告と異なるときは、点検に要した費用は荷送人の負担とします。


第五章 荷物の引渡し
(荷物の引渡しを行う日)
第九条
当店は、見積書に記載した引渡日に荷物を引き渡します。また、荷物受取時に、引渡日時を荷送人又は荷受人に対して通知します。
(荷受人が不在の場合の措置)
第十条
1 荷受人が見積書に記載した引渡日に引渡先に不在のおそれのある場合には、あらかじめ荷送人に対し、
荷受人に代わって荷物を受け取る者(以下「代理受取人」という。)の氏名 及び連絡先の申告を求めます。
2 荷受人が見積書に記載した引渡日に不在であった場合には、当該代理受取人に対する荷物の引渡しをもって
荷受人に対する引渡しとみなします。 

(引渡しができない場合の措置)
第十一条
1 当店は、荷受人又は代理受取人(以下「荷受人等」という。)を確知することができないとき、
又は荷受人等が荷物の受取を怠り若しくは拒んだとき、若しくはその他の理由に 
よりこれを受け取ることができないときは、遅滞なく荷送人に対し、相当の期間を定め荷物の処分につき指図を求めます。
2 前項に規定する指図の請求及びその指図に従って行った処分に要した費用は荷送人の負担とします。

(引渡しができない荷物の処分)
第十二条 1 当店は、相当の期間内に前条第一項に規定する指図がないときは、
荷物を倉庫営業者に寄託し又は供託し若しくは競売することがあります。
2 前項の規定による処分を行ったときは、遅滞なくその旨を荷送人又は荷受人に対して通知します。
3 第一項の規定による処分に要した費用は、荷送人の負担とします。
4 当店は、第一項の規定により競売したときは、その代価の全部又は一部を運賃等並びに指図の請求及び競売に要した費用に充当し、
不足があるときは、荷送人にその支払を請求し、 余剰があるときは、これを荷送人に交付し、又は供託します。


第六章 指 図
(指図)
第十三条
1 荷送人は、当店に対し、荷物の運送の中止、返送、転送その他の処分につき指図をすることができます。
2 前項に規定する荷送人の権利は、荷受人に荷物を引き渡した時に消滅します。

(指図に応じない場合)
第十四条
1 当店は、運送上の支障が生ずるおそれがあると認めるときには、前条第一項の規定による荷送人の指図に応じないことがあります。
2 当店は、前項の規定により指図に応じないときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。


第七章 事 故 (事故の際の措置)
第十五条
1 当店は、荷物の全部の滅失を発見したときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。
2 当店は、荷物の相当部分の滅失又は全部若しくは相当部分のき損を発見したとき、
又は荷物の引渡しが見積書に記載した引渡日より遅延すると判断したときは、遅滞なく荷送人に対 
し、相当の期間を定め荷物の処分につき指図を求めます。
3 当店は、前項の場合において、指図を待ついとまがないとき、又は当店の定めた期間内に指図がないときは
荷送人の利益のために、当店の裁量によって運送の中止又は運送経路若 しくは運送方法の変更その他の適切な処分をします。
4 当店は、前項の規定による処分をしたときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。
5 第二項の規定にかかわらず、当店は運送上の支障が生ずると認める場合には、荷送人の指図に応じないことがあります。
6 当店は、前項の規定により指図に応じないときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。
7 当店は、荷物の一部の滅失又はき損を発見したときは、荷送人の指図を求めずに運送を続行した上で、
遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

(危険品等の処分)
第十六条
1 当店は、荷物が危険品等他の荷物に損害を及ぼすおそれのあるものであることを運送の途上で知ったときは、
荷物の取卸しその他運送上の損害を防止するための処分をします。
2 前項に規定する処分に要した費用は、荷送人の負担とします。
3 当店は、第一項の規定による処分をしたときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

(事故証明書の発行)
第十七条 1 当店は、荷物の滅失、き損又は遅延に関し、証明の請求があったときは、
荷物を引き渡した日(滅失のときは見積書に記載した引渡日)から一年以内に限り、事故証明書を発 行します。

第八章 運賃等
(運賃及び料金)
第十八条 当店は、申込みを受けた運送に対しては、国土交通大臣に届け出た運賃及び料金を収受します。
2 前項の届出をした運賃及び料金は、営業所その他事業所の店頭に掲示します。
3 当店は、申し込みを受けた運送に附帯するサービスを行ったときは、これに係る料金を収受します。

(運賃等の収受)
第十九条
1 当店は、荷物を受け取るときに見積書に記載された支払方法により、荷送人から運 賃等を収受します。
2 当店は、次の事項を記載した請求書に基づき運賃等を請求します。
一 運賃等の請求相手方の氏名又は名称、住所及び電話番号
二 発送地及び到着地の地名、地番及び連絡先電話番号
三 運賃等の合計額及びその内訳(運賃等の内容ごとに区分してわかりやすく記載します。)
四 当店の名称、住所、電話番号及び問い合わせ窓口電話番号
五 その他運賃等の収受に関し必要な事項
3 前項各号について、当店は見積書に記載した内容に準拠して記載します。
  ただし、見積りを行った後に当該内容に変更が生じた場合は、当該変更に応じて所要の修正を行います。
4 前項ただし書の場合において、変更が生じた結果、実際に要する運賃等の合計額が見積書に記載した運賃等の合計額と
  異なることとなった場合の修正については、次の各号に基づき行います。
一 実際に要する運賃等の合計額が見積書に記載した運賃等(以下「見積運賃等」という。)
  の合計額より少ない場合 実際に要する運賃等の合計額及びその内容に修正します。
二 実際に要する運賃等の合計額が見積運賃等の合計額を超える場合、荷送人の責任による事由により見積運賃等の
  算出の基礎に変化が生じたときに限り、実際に要する運賃等の合計額及びその内容に修正します。
5 当店は、第一項の規定にかかわらず、荷物を引き渡した後に荷受人等から運賃等を収受することを認めることがあります
  この場合においては、第二項から前項までの規定を準用します。

(事故等と運賃、料金)
第二十条 1 当店は、第十三条第一項の規定により処分をしたときは、その処分に要する運賃、料金その他の費用を収受し、
      並びに当店が既に行った運送及びこれに附帯するサービスに要した運賃等を収受します。
2 当店は、第十五条第二項及び第三項の規定により処分をしたときは、事故等が荷送人の責任による事由又は
  荷物の性質若しくは欠陥により生じた場合に限り、その処分に要する運賃、料金その他の費用を収受します。
3 当店は、荷物の一部の滅失若しくはき損又は遅延が生じた場合において申込みに係る運送を続行した場合は、
  運賃等の全額を収受します。
4 当店は、第十五条第一項に規定する荷物の全部の滅失又は同条第二項に規定する荷物の相当部分の滅失又は全部若しくは
  相当部分のき損が生じた場合は、当該事故が荷送人の責任による事由又は荷物の性質若しくは欠陥により生じた場合に限り
  当店が既に行った運送及びこれに附帯するサービスに要した運賃等を収受します。
5 第一項、第二項及び第四項の場合において、当店が既にその荷物について運賃等の全部又は一部を収受している場合には、
  第一項、第二項又は第四項の規定により当店が収受することとしている金額に充当し、余剰があるときは払い戻します。

(解約手数料又は延期手数料等)
第二十一条 1 当店が、解約手数料又は延期手数料を請求する場合は、その解約又は受取日の延期の原因が荷送人の
        責任によるものであって、解約又は受取日の延期の指図が見積書に記載した受取日の前日又は当日に
        行われたときに限ります。ただし、第三条第七項の規定による確認を行わなかった場合には、
        解約手数料又は延期手数料を請求しません。
2 前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。
一 見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき
見積書に記載した運賃の10%以内
二 見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき
見積書に記載した運賃の20%以内
3 解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施し、
  又 は着手した附帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る。)を収受します。
4 第一項ただし書の規定は、前項の費用の収受について準用します。


第九章 責 任
(責任と挙証等)
第二十二条
1 当店は、自己又は使用人その他運送のために使用した者が、荷物の荷造り、受取、引渡し、
  保管又は運送に関し注意を怠らなかったことを証明しない限り、荷物その他のものの滅失、
  き損又は遅延につき損害賠償の責任を負い、速やかに賠償します。

(免責)
第二十三条 1 当店は、次の事由による荷物の滅失、き損又は遅延の損害については、損害賠償の責任を負いません。
一 荷物の欠陥、自然の消耗
二 荷物の性質による発火、爆発、むれ、かび、腐敗、変色、さびその他これに類似する事由
三 ストライキ若しくはサボタージュ、社会的騒擾その他の事変又は強盗
四 不可抗力による火災
五 予見できない異常な交通障害
六 地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災
七 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し
八 荷送人又は荷受人等の故意又は過失

(引受制限荷物等に関する特則)
第二十四条
1 第四条第二項各号に掲げる荷物については、当店がその旨を知って引き受けた場 合に限り、
  当店は、当該荷物の滅失、き損又は遅延について、損害賠償の責任を負います。
2 貴重品、壊れやすいもの、変質又は腐敗しやすいもの等運送上の特段の注意を要する荷物
 (第四条第二項各号に掲げるものを除く。)については、荷送人が第八条第一項の規定によるその有無の申告をせず、
  かつ、当店が過失なくしてその存在を知らなかった場合は、当店は、運送上の特段の注意を払わなかったことにより
  生じた当該荷物の滅失若しくはき損又は当該荷物により生じた他の荷物の滅失、き損若しくは遅延について、
  損害賠償の責任を負いません。

(責任の特別消滅事由)
第二十五条
1 荷物の一部の滅失又はき損についての当店の責任は、荷物を引き渡した日から3月以内に通知を発しない限り消滅します。
2 前項の規定は、当店がその損害を知って荷物を引き渡した場合には、適用しません。

(損害賠償の額)
第二十六条 1 当店は、荷物の滅失又はき損により直接生じた損害を賠償します。
2 当店は、遅延により生じた損害については、次の各号の規定により賠償します。
一 見積書に記載した受取日時に荷物の受取をしなかったとき 受取遅延により直接生じた財産上の損害を
  運賃等の合計額の範囲内で賠償します。
二 見積書に記載した引渡日に荷物の引渡しをしなかったとき 引渡遅延により直接生じた財産上の損害を
  運賃等の合計額の範囲内で賠償します。
三 第一号及び第二号が同時に生じたとき 受取遅延及び引渡遅延により直接生じた財産上の損害を運賃等の合計額の
  範囲内で賠償します。
3 前項の規定にかかわらず、当店の故意又は重大な過失によって荷物の受取又は引渡しの遅延が生じたときは、
  当店はそれにより生じた損害を賠償します。

(時効)
第二十七条 1 荷物の滅失、き損又は遅延についての当店の責任は、荷受人等が荷物を受け取った日から1年を経過したときは、
        時効によって消滅します。
2 前項の期間は、荷物の全部が滅失した場合においては、見積書に記載した引渡日からこれを起算します。
3 前二項の規定は、当店がその損害を知っていて荷受人等に告げなかった場合には、適用しません。

(連絡運輸又は利用運送の際の責任)
第二十八条 1 当店が他の運送機関と連絡して、又は他の貨物自動車運送事業者の行う運送若しくは
        他の運送機関を利用して運送を行う場合においても、運送上の責任は、この運送約款により当店が負います。
(荷送人又は荷受人等の賠償責任)
第二十九条 1 荷送人又は荷受人等は、自らの故意若しくは過失により、
        又は荷物の性質若しくは欠陥により当店に与えた損害について、損害賠償の責任を負わなければなりません。
        ただし、荷送人又は荷受人等が過失なくしてその性質若しくは欠陥を知らなかったとき、
        又は当店がこれを知っていたときは、この限りでありません

引越し業者の上手な利用法の記事へ ページトップへ

「単身引越しの見積もり」の目次

単身引越しの見積もり [6]


「単身引越し料金のしくみ」の目次

単身引越し料金のしくみ [4]


単身引越しは、安くすませよう!

  • 引越し業者全国厳選40社!最大7社からスピード見積り

  • 引越し価格ガイドは、単身引越し向けの最適なプランと
    安い価格帯から、あなたにピッタリの単身引越しプランを見積もります。

  • 引越し達人セレクトで安い引越しをしよう!

  • 単身引越しでも安心。スタッフが<安心・納得>できる引越会社さんを厳選
    <最大15社>の見積りが返ってくるので、安くて納得の業者が見つかります

    ページトップへ
    単身引越しの極意 お得に単身引越し